たのしいブログ

そこそこ

世の中は未来のジャニヲタに向けた伏線だらけ

将来ジャニヲタへ成長するであろうJY(女子幼稚園児)、JS(女子小学生)のみんな!

そして、ある程度成長した後突如ジャニヲタに目覚めたみなさん!

こ~んに〜ちは〜!!!(うたのお姉さん風)

改めましてこんにちは、雫です。

本日情報が解禁された、4月スタートの日テレのドラマ『母になる』をご存知でしょうか?

このドラマには我がJUMPの中島裕翔くんと、関西ジャニーズJrの道枝駿佑くんが出演…

そうあの“伏線王子”こと中島裕翔とこれから活躍するであろうJr.の子の共演なのです。

伏線王子とは勝手に私が作った言葉ではありますが、私にとってゆうとりんは何かと「あっ…あの時の!?」というやたら伏線回収の多いジャニーズだなと…、だから伏線王子です笑。

(エンジンに出てたあの子!とか野ブタで亀梨くんの弟だった子!とか…)

そんな伏線王子が道枝くんとの共演に対して「『野ブタ。をプロデュース』で亀梨くんや山下くんと共演したことの追体験のようだ」(ニュアンス)というコメントをしているのを読んで、これってジャニヲタ的にも追体験なのでは?と感じました。

私が小さい頃に野ブタで裕翔くんを見て後々JUMPのファンになったように、今をときめくJY、JSのガールたちが道枝くんを見て、将来大人になった時に道枝くんもしくは道枝くんが入るかもしれない未来のグループのファンになるかもしれないということ。

それは決してこのドラマきっかけにという訳ではなく裕翔くん(亀梨くん)が出ていたドラマに出てた自分より少し年上の男の子という記憶がとっても重要で…。この記憶がジャニヲタに目覚めた時の伏線となり、新規のヲタクにとっての支えとなり、拍車をかけるのです!!!

 今頃気付きましたが、ジャニタレと一緒にドラマに出るJr.はバーターや今売り出したい子ってだけでなく、未来のジャニヲタの為にあるんだなと…

観ていた当時は先輩ジャニタレの方をカッコよく感じ、一緒に出ている男の子(Jr.)のことはどうも思っていなかった彼女たちがお年頃になる頃には、その男の子もバッチリ大人なイケメンへと成長しジャニーズ事務所の最前線を突っ走るアイドルになっていると…。

そんなタイミングで抜擢されたドラマ、はたまた24時間テレビなどによってジャニヲタになった彼女達は彼らのことをもっと知りたいと思い、そんな中で開いたWikipediaを前についにあの言葉を発するのです。

「あっ…あのときの…!?!?」

あの時の男の子…!あの亀梨くんの弟だった…(又は)裕翔くんと共演してた…あの時の…!

ここで伏線回収です。

カッコよくて気になっていると思っているあの人が、実はあの時の男の子だったなんて!と知った時の感動は計り知れません。

伏線を回収する度、ジャニヲタ心は燃えに燃えるのです…。

こうして気付いた頃には立派なジャニヲタになっているという事務所の抜かりなき策略(!?)…笑

ということは、忍たまの主題歌に始まり、野ブタ、ちゃおっ娘時代に読んでいた「わいジャン」、小学校の音楽で練習させられた「世界がひとつになるまで」の歌と手話など…伏線だらけ、超伏線だらけの子供時代を過ごした私がJUMP担にならない訳がないと…えっ…こわい…。

きっとまた10年後には道枝くんの伏線に引っかかった子、えっ!?今応援してる○○くんって元ジュニアboysなの!?と悲鳴をあげる子たちが沢山現れてくれるんだろうな。そしてまた追体験追体験、世代交代…。いろんな事が変わってきた世の中だけど、このサイクルはずっと続きますように…(-人-)笑

 【総括】ジャニーズ事務所ってすごい。